1. TOP
  2. せどり
  3. AmazonでOEMが売れない!原因と対策を徹底解説!

AmazonでOEMが売れない!原因と対策を徹底解説!

 2020/10/19 せどり  

Amazon転売をしようと思っているなら、既存の商品よりもOEMが売れる可能性が高いです。

しかし、人によってはOEMが売れないという人もいて、「どうすれば売れるんだろう‥」と思う人も少なくありません。

 

サモハン
OEMは知名度とブランディング力がカギになってきます!まずは、商品の認知をさせるところから始めましょう!

 

「AmazonでOEMが売れない理由は?」

「AmazonでOEMが売れないときにできる対策を教えてほしい!」

 

サモハンは、AmazonでOEMを行っており、コンスタントに利益を出しています◎

しかし、最初から商品が売れていたわけではないので、売れない原因などを紹介しつつ、対策も紹介していきますね!

 

よくわかる解説

  • OEMはブランディングが重要
  • 売れないのは認知されていないから
  • スポンサープロダクト広告を使うのも方法の一つ

AmazonでOEMが売れない3つの原因

AmazonでOEMをしたいと思っている人で、実際に売れるかどうか心配な人がいると思います。

既存の商品に比べると、認知されるところから始まるので、スタートダッシュ次第では一切売れないということもあります。

 

仮に、あなたがOEMを売りたいと思っているなら、売れない原因を把握しなければなりません。

サモハンなりに考えると、以下の原因が挙げられます!

 

AmazonでOEMが売れない原因

  • 競合が多すぎる
  • ブランディングができていない
  • 副業でやるビジネスではない

 

この様に、様々な原因があります。

既存の商品であれば、仕入れれば問題ありませんが、OEMは製造からしなければなりません。

 

競合が多い商品の場合は、認知されても売れない可能性があるので注意しましょう!

競合が多すぎる

AmazonでOEMをして売れない原因として挙げられるのが、競合が多すぎるという点。

製造する商品にもよりますが、AmazonでOEMをする場合は、以下の商品が主流です。

 

AmazonのOEMのジャンル

  • 美容コスメ・ヘルビ用品(例:美容液、化粧水等)
  • アパレル用品

 

サモハンは、美容系のOEMをしており美容液や化粧水の開発をしています!

言うまでもありませんが、美容系はかなり競合が多いです。

 

 

まつ毛美容液のOEMをしていた際は、競合があまりにも多すぎて、売れるかどうか毎回ひやひやしていましたね…笑
(特に初めてすぐのころは)

競合が多い中で、戦っていくためにはそれなりの覚悟が必要です。

ブランディングができていない

OEMをしたいと思っているなら、ブランディングをしっかり行う必要があります。

というのも、OEMは自社製造の商品になるので、どういうものなのかを周知させる必要があります。

 

サモハンのまつげ美容液に関して言えば、競合が多いジャンルですし、以下のことを意識しました。

 

OEM販売で意識したこと

  • 競合と違ってどういう成分が配合しているのか
  • 得られる効果
  • 販売実績

 

最初は、どうしてもブランディング力が弱すぎるので、売れない可能性のほうが高いです。

自社ブランディングを行うためには、商品の販売実績を上げるか、広告を打つかのどちらかになります。

 

サモハン
個人的には、最初のうちは広告を打って周知させるほうがいいと思いますね♪

 

副業でやるビジネスではない

最後に、「OEMを副業でしたい!」と思う人がいますが、そのマインドでは売れない商品を製造してしまいます。

むしろ、売れる・売れないというよりも、製造に至らない可能性が高いです。

 

まず、OEMをする際は、物販ビジネスのある程度の知識が必要となります。

 

OEM製造に必要なこと

  • 基礎的・応用的なリサーチ力
  • 競合調査・売れ筋の把握
  • 外注先の確保
  • 仕入れ商品の確保

 

これができない限りは、OEMを製造することはできません。
※製造したとしても売れない商品になります

物販ビジネスをある程度行って、その副業としてOEMをするならわかりますが、最初から副業でOEMをするのは難しいです…

 

売れない商品を量産しないためにも、この辺はしっかり把握しておきましょう。

AmazonのOEMの特徴を徹底解説!

Amazonでは、以外にもOEMをしている人が多い印象です。

既存の商品もありますが、実はOEMを製造して販売している人が多く、稼いでいる人が多いのも事実です。
※参入障壁はやや低め

 

そんなOEMですが、以下の特徴があります。

 

AmazonOEMの特徴

  • 初心者向けの物販ビジネスではない
  • 主婦・サラリーマンは参入しづらい
  • 中華系セラーが多い
  • 日常的に時間がある人しか稼げない

 

この様な特徴がありますが、稼ぎたいと思っているなら電脳せどりなどをしたほうがいいと思います。

即金性も高いですし、難易度もOEM程高くありませんよ◎

 

流れとしては、中古や新品の電脳せどりを行って、そこから事業拡大をしていきたいならOEMを始めると良いでしょう。

初心者向けの物販ビジネスではない

OEMは、物販ビジネスの中でもかなり難易度が高いものとして紹介できます。

巷では、「初心者でも参入できますよ!」といううたい文句で紹介されていることがありますが、サモハン的にはあまりオススメしません。

 

確かに、OEMを製造するくらいならだれでもできますが、売れる商品を製造できるかどうかは別の話。

通常の電脳せどりと比べた場合、以下の違いがあります。

 

【通常のせどりの場合】

  • 既存の商品を仕入れればよい
  • 価格差のある商品をリサーチして転売する
  • 市場価格差が取れやすい
  • 商品によってはライバルが少ない

【OEMの場合】

  • 一から商品を製造する
  • 市場リサーチが面倒
  • 競合が多すぎて売れない可能性がある

 

既存の商品を仕入れて転売するのと、一から商品を製造して販売するのではわけが違います。

もちろん、OEMは仕入れ原価を抑えることができれば、爆益を期待できるのは確かですが、売れるまでに時間がかかることも覚えておきましょう。

主婦・サラリーマンには参入しづらい

次に、主婦とサラリーマンが参入しづらいという点です。

これは人によって異なりますが、OEMはある程度時間に余裕がある人しかオススメできません。

 

電脳せどり等に比べると、商品を製造してから市場に出すまでに約3か月程度かかります。

その間には、製造メーカーとの打ち合わせもありますし、商品開発会議なども行うことから、ある程度まとまった時間が必要です。

 

冒頭で、”OEMは副業に向いていない”と解説したのは、ここに理由があります。

せどり・転売でコンスタントに利益を出しているならまだしも、物販ビジネスの知識が一切ない状態でOEMに参入するとなると、時間もその分かかりますよ!

 

時間に余裕がない人は、OEMに着手できる時間が来るまでリサーチしておくと良いでしょう。

中華系セラーが多い

AmazonのOEMですが、中華系セラーがかなり多い印象があります。

中国輸入した商品を、Amazonにそのまま販売する人も多く、中国輸入を行っている人も多いです◎

 

 

複数の商品がありますが、中にはこのような商標権を侵害したような商品を出品している人も少なくありません…

サモハンが思うのは、Amazonにいる中華系セラーの民度は少し低いということです。

 

多くのユーザーがいるのは確かですが、中華系セラーの人で常識的に販売している人は少ない印象です。

実際、商標権侵害商品もありますし、あなた自身も販売する際はこの様な商品は販売しないようにしましょう!

日常的に時間がある人しか稼げない

OEMは、時間がある人しか稼ぐことができません…

一度商品を製造してしまえば、売り上げに応じて発注するだけで良いのですが、それまでが大変です。

 

簡単な流れを解説すると、以下のような流れになります。

 

OEMの流れ

  1. 商品の製造ジャンルを決める
  2. メーカーと打ち合わせをする
  3. 仮製品を製造する
  4. 商品会議を数回行う
  5. 製品化に向けてパッケージ等の打ち合わせ
  6. ロット別で商品を発注
  7. 商品を市場に流す

 

通常のせどりに比べると、かなり手間がかかります。

OEMのジャンルを決めつつ、メーカーと打ち合わせをしなければなりません。

 

これだけでも、1~2か月程度時間をかける必要がありますし、テスターの製造やパッケージなどを考えると、美容系OEMでも短くてでも3か月はかかります。

時間をかければかけるほど、優秀な商品を製造することができますが、収益もストップするので注意しましょう。

サモハンのOEMの実績を公開!

サモハンは、美容系のOEMを行っています。

Amazonをメインに転売しているのですが、結構売れたので実績を紹介しますね!

 

まつ毛美容液のOEMを行っていて、運用期間は11か月です。

 

 

こちらのOEMだけでも、粗利は1,340円でしたが、トータルで4,733個売却することができ、1年での最終的な利益は約970万円です!

さらに、OEMの良いところは、ブランディングがある程度できれば、販売権利・製造権利を譲渡できるということです!

 

サモハンは、11か月OEMを運用してきて、最終的に販売権利・製造権利を1,500万円でバイアウト。

OEMの販売利益と合わせると、商品単体で2,570万円の利益を出せました!

 

サモハン
OEMは当たれば稼げるビジネスですし、売れる対策をすれば問題ありませんよ!

 

OEMは稼げる?サモハンが実践していたことを徹底公開!

結論を言うと、OEMは稼ぐことができるビジネスです。

先ほどの数値をもう一度紹介しますが、仕入れコスト(製造コスト)を抑えることができれば、利益率も高くなります!

 

 

まつ毛美容液の場合は、仕入れ原価が900円であり、商品価格が2,990円なので利益率は44.8%と高水準です!

しかし、ここまで稼げるようになるためには、それぞれコツが必要なので注意しましましょう!

 

サモハンが実践していたことを紹介するなら、以下の通りです。

 

OEMでサモハンが実践していたこと

  • 自社ブランディング化
  • 認知度を高める
  • 販売権利・製造権利を譲渡する

 

これらができれば、あなたもOEMで稼ぐことができます◎

自社ブランディング化

まず、OEMを販売する場合は、自社ブランディグを行わなければなりません。

中古商品の場合は、形式的には”販売委託”という形になります。

 

別のメーカーが製造した商品を、あなたが販売業者となって販売するようなイメージです。

しかし、OEMの場合はあなた自身がメーカー・販売業者となるので、ブランディング力を強めないと売ることができません。

 

 

まつ毛美容液は競合性が高く、「アンファー・資生堂」といった名だたる超大手メーカーがいる中で、サモハンが1,000万円以上1年で売り上げたのは、ブランディングにあります。

競合性が高い商品でも購入されるということは、顧客のニーズをある程度理解していたからです。

 

OEM販売で行ったこと

  • 広告による認知度の向上
  • 他の商品にはない付加価値をつける(例:業界最安値等)
  • レビュー・口コミの募集

 

これらをするだけで、ブランディング力は高まります◎

認知度を高める

次に、OEMを転売する際に意識したことは、認知度を高めるということです。

OEMは、オリジナル商品なので、製造した時点では認知度もなければ付加価値がありません。

 

消費者にそれを購入してもらうためには、購入したところでどういうメリットがあるのかを提示しなければなりません。

もっと詳しく話すなら、顧客ニーズを理解した商品ではないと、認知されることも購入されることもありません。

 

OEMを認知させる方法

  • Amazonで広告を出稿する
  • SNSを使って宣伝する
  • ステマ※オススメしない

 

商品の認知度を高めたいなら、広告を出稿するのが一番です◎

Amazonには、スポンサープロダクト広告というものがありますし、そちらを打つことで認知されやすくなりますよ!
※詳しくは後述します

 

また、中にはステルスマーケティングを行う人もいます。

芸能人やモデルを起用して、宣伝の意図を隠して商品を宣伝させることです。

販売権利・製造権利を譲渡する

OEMは、商品を売却することだけが利益になるわけではありません。

基本ベースは、確かに商品を販売することですが、その権利を譲渡することで稼げるのもOEMの魅力の一つです!

 

もちろん、ある程度販売実績があり、ブランディングをしていることも条件です。

OEMは、あくまでもオリジナル商品なので、競合が製造することはできずに、あなたが独占して製造・販売できる商品です。

 

しかし、その製造方法を教えてもらえば、利益を出すことができる場合もあります。

サモハンの場合は、販売実績だけで言うと、11月で4,700個をバイアウトしました。

 

1か月で427個販売していることになり、1日ベースで言うと14個売れていることになるので、主力商品といえるでしょう。

最終的には、こちらの製造・販売権を1,500万円で譲渡したので、買収もとは1年半年程度で回収できます◎

 

販売実績があれば、このようなこともできるので、しっかりチェックしておきましょう。

AmazonのOEMで売れないときに実践したい対策とは?

Amazonで、OEMをしているときに商品が売れないことがあります。

せっかく製造した商品が売れないと、不良在庫になってしまいますし、注意したいところです。

 

「売れなくなったらどうすればいいの?」という人もいるので、サモハンなりに対策を紹介していきますね!

 

AmazonのOEMで売れないときに実践したい対策

  • スポンサープロダクト広告を使う
  • ECサイトの開設
  • 販路を広げる

 

AmazonのOEMができないなら、販売先を変えるのも方法の一つ。

取り扱っている商品によっては、メルカリやラクマのほうが売れることもありますからね◎

 

自己発送等の面倒な手間は増えますが、外注なども可能なので検討しましょう。

スポンサープロダクト広告を使う

まず、AmazonのOEMで商品が売れない場合は、スポンサープロダクト広告を使うのもありです。

スポンサープロダクト広告とは、Amazonの商品ページ内に表示させることができる広告のことを指します。

 

 

商品検索をすると、このように表示されるのですが、広告が表示されれば、クリック率が高まり認知度向上につながります!

代理店勤務の知り合いに聞いた話ですが、ビッグワードであれば、1位に比れば月間1,000~5,000アクセスは取れるとのこと。
(例:まつ毛美容液、まつ毛美容液 おすすめ等)

 

スポンサープロダクト広告は誰でも設定可能であり、OEMを行っている人なら行いたいところです。

流れとしては、以下の通り。

 

スポンサープロダクト広告の流れ

  1. キーワード選定を売る
  2. キーワード単価を決める
  3. 広告を出稿する

 

スポンサープロダクト広告は、入札式を導入しており、クリック1回あたり○○円という基準です。

「まつ毛美容液」等のビッグワードは、クリック1回当たりの単価が高く、予算もそれなりに用意しなければなりませんが、成果が発生すれば回収できるので問題ありません!

ECサイトの開設

次に、ECサイトの開設です。

AmazonでOEMが売れない場合は、あなた自身のショップを開設して、そこに商品を出品すると良いでしょう!

 

いわば、商品の特化ページであり、簡易的なLPを作成するなどして、そこに誘導して購入を進めるというもの。

最近では、BASEという無料のECサイト開設ツールも存在しますし、気軽にショップを作れる時代になりました。

 

この場合、スポンサープロダクト広告同様にリスティング広告・インフルエンサーの起用などを行い、商品の宣伝をする必要があります。

「どこから広告予算をねん出するの?」という人もいるので、そちらの決め方・用意の方法も解説しますね!

 

広告予算の決め方

  1. OEMの月間予想利益を想定する
  2. 損益分岐点を計算する
  3. 広告費を決める

 

例えば、原価900円の商品を2,900円で販売した場合は、2,000円の粗利が発生します。

こちらの商品を、月間1,000個売り切ることを目的とした場合、200万円の月間予想利益が出ます。

 

ここから広告費用を捻出して、100万円用意したとします。

1,000個売却するためには、最低でもCPA(広告単価)を1,000円に抑える必要があります。

 

少し複雑ですが、100万円の予算で1,000個以上の成果が発生した場合に利益が出るようなイメージです!

広告予算のほうが月利よりもオーバーしては意味ないので、月利×○○%というように目安を決めておくと良いでしょう。

販路を広げる

最後に、販路を広げるということです。

AmazonはOEMに適していますし、利用している人も多いので、購入率が高い販路です。

 

しかし、Amazonで売れない場合は、OEMとの相性が悪いことも考えられます。

そのため、Amazonに限らず別の販売先も確保しておくと便利です◎

 

OEM販売に効果的な販売先

  • 楽天
  • ヤフーショッピング
  • メルカリ
  • ラクマ

 

個人で配送することができるサービスもあれば、FBAのマルチチャネルサービスというものを使って、配送代行をすることもできます◎

販売先を拡大すれば、それだけ売れる可能性も高まるのでオススメです!

 

OEMが売れない場合は、商品の回転率を上げるためにも、しっかり販売先を確保すると良いでしょう。

まとめ

今回、AmazonのOEMで売れない場合の原因と対策について解説しました。

OEMは、参入しづらい市場であり、時間もかかりますし、ブランディングするまでに時間がかかります。

 

副業で実践するというよりも、ある程度物販ビジネスのノウハウを見つけてから、OEMに全振りできるような環境がないと失敗しやすいです。

サラリーマンや主婦で実践する人もいるみたいですが、副業感覚で始めてしまうと売れないという悩みを抱えてしまうことでしょう。

 

これを避けるためにも、まずは物販ビジネスのノウハウを身に着けて、市場リサーチ等をしっかり行ったうえで、実践するかどうかの判断をしましょう!

 

サモハン
稼げるビジネスにするためにも、今回紹介した対策はしっかり把握してくださいね♪

 


自己流は避けたい・・・。みっちり指導を受けたい!


\ SNSでシェアしよう! /

自由人社長サモハンの公式ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

自由人社長サモハンの公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • Qoo10でできる無在庫の転売で10万円稼ぐコツを紹介します!

  • セルフバックのせどり(転売)でコンサル生が利益100万円突破!

  • 今後の対策どうする!?せどりの規制を把握して本物思考になろう!

  • セラースプライトの使い方・評判は?リサーチを効率化する最強ツール!

  • WatchBellはモノレートの代わりになる?評判を解説します!

  • 楽天ポイントせどりの簡単リサーチ方法5選!実際に売った商品も紹介しています