1. TOP
  2. amazonの販売
  3. モノレートの見方を覚えるのは基本だけど、限界あり!デ●タ使ってる?

モノレートの見方を覚えるのは基本だけど、限界あり!デ●タ使ってる?

どうも!物販ビジネスに取り組んでいるサモハンです。

「せどり初心者はモノレートの使い方から学べ!」

などと言われたことありませんか?

しかしそれはもう過去の話。

モノレートは確かに基本的なことがわかるせどりの必須ツールでした。

ですが、モノレートの使い方をマスターするだけでは限界があるんです。

 

あなたは「デ●タ」を知っていますか?

もし見たことも聞いたこともなければ、せどらーとしてはちょっとヤバイですよ。

 

「デ●タ」も、モノレートと同じ無料ツールですが、

その機能には明らかな違いがあります。

 

「デ●タ」の使い方やメリットに関しては、後半で解説していきますので、ぜひ取り入れていただきたいと思います。

主宰
今回は、モノレートの使い方やモノレートとデ●タの違いについて比較し徹底的に解説していきます。この記事を読んでいただければ、新たなリサーチ方法を身につけることができ、さらにせどりで稼いでいくことができますよ。

モノレートの使い方を知らないとAmazonで売れないのか?

せどりを始めるなら「モノレート」の使い方を学ぶ

というのが今までの当たり前でした。

 

ご存知の方も多いかもしれませんが、まずはモノレートの使い方についておさらいをしていきます。

モノレートってよく聞くけど何ものなの?

モノレートを簡単に説明すると、

「アマゾンの商品ランキングと価格推移を、丸裸にしてくれるサイト」です。

さらに無料で、誰でも使うことができます。

またモノレートは ”せどりの必須ツール と言われていました。

 

私もせどりを始めた頃は、モノレートの使い方から勉強したものです。

Amazonで利益が出そうな商品を見つけた時は

まず、モノレートをチェックして

Amazonでその商品は本当に売れているのか?

仕入れても損することはないのか?

といったことを判断し、それができれば間違いのない仕入れができるようになります。

 

せどりで確実に利益を上げるためには

モノレートの正しい使い方をマスターすることが大切だと言えます。

 

モノレートで分かる情報は?

モノレートの見方を知ると分かること

  • <商品がAmazonで売れた回数
  • <商品の最安値価格商品の平均価格
  • <現在の売れ筋ランキング
  • <出品者数はどれくらい推移しているか?増えているか?減っているか?
  • <モノレート見ているユーザー(その商品を閲覧したユーザー)は何人くらいいるか?
  • <利益はいくらになるか?

このように仕入れをするのに必要な情報が網羅されています。

またモノレートで見るべきポイントとしてはたった3つ。

  • 最安値の価格
  • 商品の売れ筋ランキング
  • 現在の出品者数

これだけです。この3つさえ把握してしおけば、

仕入れた商品が本当に売れるのか?利益がでるのか?

を完全に把握することができます。

 

モノレートの使い方

続いては、モノレートの使い方を順番に説明していきます。

まずはモノレートのトップページをコチラから表示します。

 

そしてモノレートで商品を検索するには、「すべてのカテゴリー」をクリックしてカテゴリーを選択します。

次に検索したい商品の情報を入力して

グラフを見る」をクリックすると検索ができます。

 

先ほど出てきた商品の情報は、全部で4つあります。

それが次の4つです。

  • 商品名
  • JANコード(49から始まる数字)
  • 型番
  • ASIN(Amazonで扱っている商品毎に割当てられる番号)
  •  

ですが商品の情報を入力する際には、この中の1つだけで大丈夫です。

モノレートで商品を検索する方法は、以上です。

 

基本基本基本!グラフの見方

次にモノレートには4つのグラフがあります。

4つとも大事な意味を持っているので、このグラフの見方を覚えておきましょう。

 

まずモノレートのグラフは設定で表示されるコンディションと

期間を変えることができます。

 

グラフに表示させるコンディションは次の4つから選択できます。

  • すべて
  • 新品   
  • 中古
  • コレクター

そしてグラフに表示される期間も次の4つから選択できます。

  • 3ヶ月
  • 6ヶ月   
  • 12ヶ月
  • すべて

赤枠の表示を押せば、自分が見たいコンディション・期間のグラフになるので便利です。

 

今回は任天堂switch本体を例にモノレートの見方について解説していきます。

それでは一番上のグラフから見ていきましょう。

 

①「最安値」グラフ

このグラフでは商品の「現在の最安値価格」と

過去の最安値の推移」を表しています。

新品は緑の線、中古はオレンジ、コレクターは青です。

 

グラフが重なって見にくい場合は、

先ほど紹介した赤枠部分のコンディションボタンを押して、

自分の見るべきグラフだけを見るようにしましょう。

 

②出品者数が分かるグラフ

発売日からどんどん出品者が増え続けていることが、このグラフから分かりますね!

 

出品者数が多いということは=ライバルが多いことを意味します。

今回は商品が商品(任天堂switch本体)なので、

半端なくライバルが存在します。

ですが、それだけの出品者数がいても売れるほどの人気ということになります。

 

③ランキンググラフ

仕入れた商品が「確実に売れるのか?」

を判断していく材料となり、一番重要なグラフです。

 
「商品が売れたタイミング」でグラフは下に(ランキングが低く)なります。
 
つまりランキングのグラフが上下しているほど、
 
その商品が売れていることを表しています。
 
 
今回は「任天堂switch本体」は数え切れないほど売れているので、グラフがギザギザの状態になっています。
 
ギザギザの多いグラフの商品は飛ぶように売れていることが分かります。
 
逆に全然ギザギザになっていない商品を仕入れてしまうと、
 
不良在庫になる可能性が高いのでご注意を。
 
こういうやつです(笑)↓
 

④「モノレートユーザー」グラフ

このグラフでは、この商品をいつ、何人がモノレートで見ているかチェックすることができます。

急激にグラフが上がっている商品は、

ライバルが大勢見ていると考え、

その先を判断することになります。

 

ライバルがモノレートを見ているということは、

出品者数が増え価格競争になる可能性があります。

 

このようにモノレートのグラフを総合的に見て、

ランキング(売れた数)と出品者数のバランスを考え

判断することがせどりでは重要になります。

 

モノレートの限界!

せどりに絶対必須と言われたモノレートですが、

一時期モノレートにエラーが出てデータが正しく見れないという現象が起こりました。

 

このときにモノレートだけに頼るのはヤバイ!

と実感した方も多いのではないでしょうか。

ですが無料で使っているツールはいつサービス終了になっても文句は言えません。

 

続いてモノレートのデメリットについて触れていきますが、

一つのツールに頼るのはリスクが高いと言えます。

 

とは言え、最近はモノレートはデメリットが多い!

検索しすぎるとブロックされる場合がある

仕入れリストからモノレートを見るため、繰り返し検索しているとアクセスがブロックされることがあります。

これは5分くらいで解除されるのですが、大変煩わしいですね。

 

しかし、まあ無料で使わせてもらってるんだから、、と、

こういったエラーは仕方ないのかもしれません。

 

また公表されてはいないですが、

モノレートは1日あたりの検索回数決まっているのではないか?といった意見があります。

 

確かに、モノレートに大量にアクセスするとブロックされて、

画面が真っ白になったり「403 Forbidden You・・・と

英語が表示されたりしてモノレートを使用できないことがあります。 

 

エラーや障害が出る場合がある

Amazonの仕様変更に伴い、モノレートも随時システム変更されます。

予告なく始まるので突然データが見れなくなったりして「??」なことがありました。

例えば、モノレートで同じキーワードで検索をしても、

別の売れていない商品が出てきてしまったりだとか、

複数のカラーバリエーションのグラフが統合されてしまったりだとか。

 

ですがAmazon側の仕様変更の時は、モノレートでもシステム変更が行われるのは、仕方がないですよね。

 

また2018年夏ごろにも、モノレートの仕様が変わりました。

  • ランキングがよくグラフがギザギザしていたのに、ある期間からグラフが動いてない
  • 売れてないのに売れているようなグラフの波形になっている

こんなグラフを見てしまったら、

仕入れ判断に重大なミスが出る可能性がありますね。

 

モノレートでは、このようなグラフが2018年夏ごろからかなり目立つようになってきています。

デ●タが見やすい

モノレートより使いやすいデータが凝縮されたツール、

それが「デルタトレーサー」と呼ばれるツールです。

 

正式名はDELTA Tracerですが、デルタと呼んでいきます。

 

これからモノレートと比較しながら、デルタの使い方などについて解説していきます。

ですが、今はモノレートより正直、デルタの方が画面も見やすいので、おすすめです。

 

モノレートの使い方をマスターする前に今は、デ●タをマスターした方が良い

モノレートとデルタの決定的な違い

「DELTA tracer」はGoogle Chromeの拡張機能であることが、モノレートとの決定的な違いです。

 

拡張機能とは「Chromeの機能を増やしたり強化したりする専用の追加プログラム」です。

 

商品を検索する場合、モノレートだと、一度モノレートのサイトに飛んで検索する必要があります。

ですが「DELTA tracer」の場合は、せどりに必要な情報がAmazonページにほぼ網羅されているのです。

 

「Amazonせどりのリサーチ効率化」という点で 

「DELTA tracer」はモノレートよりも優れていると言えるでしょう。

 

またDELTA tracerをGoogle Chromeにインストールすると、下図のように商品名の下に

  • ランキングや価格推移のグラフ
  • Keepaのグラフの表示
  • リサーチに役立つ便利なサイト
  • アマゾンの在庫状況
  • 各種データ

などが表示されます。

 

この機能のおかげで、いちいち商品カタログに飛ばなくても

Amazon本体の在庫の有無や新品の出品者数、

商品のランキングなども一目で確認することができます。

 

モノレートをはじめ、外部サイトなどにもワンクリックで移動できるのでリサーチ時間がかなり圧縮できます

 

Keepaグラフの表示

KeepaとはAmazon在庫の販売価格の推移を調べることができるツールのことです。

あなたは「Amazon刈り取り」という言葉を聞いたことありますか?

 

Amazonでセール期間などで極端に安くなっている商品を

大量購入するという方法で「刈り取り」と言われています。

Keepaは主にこのせどり方法に使われてきました。

 

価格が安くなったら教えてくれる便利な機能もあるので、すごく優秀なツールです。

KeepaもGoogle Chromeの拡張機能のひとつです。

しかしインストールせずとも、デルタトレーサーを使えば商品のKeepaグラフを確認できます。

 

また追跡開始ボタンを押せば、あなたが知りたい価格になった時にお知らせをしてくれます。

なので、いち早く商品価格の変動を察知することができます。

 

ワンクリックボタンでリサーチ時間圧縮

商品のリサーチをしているときに

他のサイトでの価格や相場を知りたくなる時がないですか?

「楽天やヤフショでの価格が知りたい。。」

「ヤフオクの相場が見たい。。」
 

そういった時はその都度外部サイトを開いて商品情報を入力していましたよね。

でもそんなことをしていては時間が膨大にかかってしまいます。

 

デルタトレーサーなら、ワンクリックボタンがあるので

すぐに外部サイトに飛ぶことができるのです。

面倒な検索作業もデルタトレーサーならすべて省略できます。

 

モノレートにも移動可能

デルタにもランキンググラフがありますが、

やはりモノレートでの情報が欲しい時もありますよね。

 

先ほどのワンクリックボタンには

モノレートに飛ぶボタンもついています。

なので、デルタトレーサーだけで補えないデータも

モノレートに飛べば、簡単に補完できます。

 

詳しい商品情報が見える

デルタトレーサーでは、以下の商品情報も追加されます。

  • ASINコード
  • JANコード
  • 型番(規格番号)
  • 新品最安価格
  • 中古最安価格

『新品』と『中古』それぞれの最安価格だけでなく、

出品者数も表示されますのでライバルが何人いるかも

素早く察知することもできますよ。

 

さらに商品カタログページを少し下にスクロールすると、

新たに以下のリンクが表示されます。

  • FBA料金シュミレーター
  • 出品制限確認

同じくワンクリックですぐに飛べるので使い勝手がいいですよね。

 

外部店舗価格比較

Amazonよりも楽天やヤフーショッピングや量販店など

外部店舗の方が安い場合があります。

 

デルタトレーサーは商品の取り扱いのある

外部店舗の一覧もまとめて表示されるのです。

昔はいちいち外部店舗を検索して商品の比較をしていましたが

これなら簡単にリサーチできます。

 

今のせどりはモノレートを使わずデ●タを!特徴や詳細について

準備:chromeにインストールする

デルタトレーサーはGoogle Chromeの拡張機能なので

Google Chromeをインストールしていない場合は機能しません。

なので、まずはGoogleをインストールしておきましょう。

Google Chrome をインストールしよう

 
次に、デルタトレーサーを

インストールしていきましょう。

デルタトレーサーをインストールしよう

 
 

デ●タ公式サイトを利用する方法

せどらーでGoogle Chromeを使わないことはあまりないと思います。

ですがデルタトレーサーの拡張機能をインストールしなくても

公式サイトを利用する方法があります。

デルタトレーサー公式ページはこちら 

 

こちらからメールアドレスを登録すれば 

商品価格追跡、在庫切れの閲覧などもできます。

 
 スマホアプリで利用することも可能です

 

iPhoneの場合

デルタトレーサーはiPhone専用のアプリもあります。

DELTA Tracer iPhone

 

上記のリンクをタップするとアプリをダウンロードできます。

使える機能はサイト利用と同じで

キーワードやASIN・JANコードを使う

リサーチ機能と商品価格追跡です。

 

Androidの場合

デルタトレーサーはAndroid専用のアプリもあります。

DELTA Tracer Android

 

使用できる機能はiPhoneと同じで

キーワードやASIN・JANコードを使う

リサーチ機能と商品価格追跡です。

店舗せどりに便利ですね!

 

デルタトレーサーにおける商品リサーチ方法

私たちはAmazonで商品を販売するので、

Amazon本体が販売している商品は見る必要はありません。

Amazon「在庫なし」の商品を見るようにしましょう。

 

まずはあなたが仕入れをしたいAmazonのカテゴリーのページを開き、Amazon本体がいない商品を探します。

狙い目の商品を見つけられたときは、

「外部店舗価格」を見て、カート差にしっかり価格差があるものを探します。(下は例ですので、仕入れ対象ではありません)

たとえ価格差があっても、現在のカート価格で売れてることをしっかり確認してください。

そのためには、デルタで表示されているグラフと

モノレートのグラフの推移を見て行くことが必要です。

 

現在の価格で売れていることが確認できたら

外部店舗価格にあるショップにワンクリックで飛べますので

そこで仕入れをすることができます。
 

簡単に説明しましたが、とにかくモノレートだけを使っていた時よりずっと、リサーチ方法は楽になっています!

積極的にリサーチしていくことで、リサーチスキルもレベルアップします。

 

まとめ

モノレートとデルタを比較してみましたが、

今はモノレートよりデルタを使うメリットがお分かりいただけたでしょうか?

デルタのように、無料でここまで網羅されているツールって他には無いと思います。

 

せどり初心者にはとてもありがたいツールですよね。

 

私は今までたくさんのツールを使ってきましたが、

無料リサーチツールでは『DELTA tracer』がダントツだと思います。

 

今はモノレートの使い方よりもデルタを利用し、

リサーチの効率化をはかるようにしましょう。

 

リサーチは一番時間をかけるべき作業ですので

効率よくリサーチができるデルタトレーサー

インストールし、ぜひ実践してみてくださいね。

主宰
デルタトレーサーは次世代のせどり必須ツールと言えますね!ぜひリサーチにお役立てください。またせどりに関してお悩みがある場合はコチラの問い合わせページからお気軽にご相談ください♪

またコチラの記事で、せどりすると高確率で儲かるオススメの商品をご紹介しているので、よろしければご覧ください。


自己流は避けたい・・・。みっちり指導を受けたい!


\ SNSでシェアしよう! /

BOMアカデミー:物販を経営化、仕組み化したいあなたへの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

BOMアカデミー:物販を経営化、仕組み化したいあなたへの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • せどりで500万円分仕入れてビットコインを無料でもらった結果

  • 本当のせどりとは?再現性の高いせどりビジネスで初心者が月10万円稼ぐ方法

  • メルカリの無在庫転売で実際に、月商1000万円稼いだ全貌を解剖してみた。

  • せどりの情報商材で100万円以上使った私が、情報の集め方を伝授!

  • 今後の対策どうする!?せどりの規制を把握して本物思考になろう!

  • サモハンが電脳せどりで、年商1億円を2年連続で達成したときにやったこと全て